[SwiftUI] Image を使って画像を表示

Photo by ToT on Unsplash

画像をSwiftUIで扱うにはImageを使います。円形のクリッピングや影などが簡単に作れます。

Swift 5.3
Xcode 12.4

 




Image

 
例として画像ファイル「sample_image.jpg」を「Assets.xcassets」に入れます。

「File」「New」「File…」から新規にSwiftUI Viewを作成します。

SwiftUI Viewを選択し「Next」

名前をつけてProject内に「Create」します。

SwiftUI.swift が作成されています。

Text(“Hello World”)を消してImage(“sample_image”)に変更
sample_image.jpgが既にAssetsにあるので、それを指定するとPreviewに表示されています。
.clipShape(Circle()) を追加すると画像を円形にクリップしてくれます。

別のCircleを作成し、grayの幅が10の縁線として画像にoverlay
更に20 point radiusの影をつけてみます。

References:
SwiftUI Tutorials — Tutorials | Apple Developer Documentation
Image – SwiftUI | Apple Developer Documentation




一人でアプリ開発の限界を感じたら

アプリ開発を始めたけどわからないところがあり、誰かに聞きたいけど周りにはそんな人はいない…あるいは、会社で働いていて日中そんなに時間をとれないなど、オンライン・スクールがいいと思います。



TECH ACADEMY
iPhoneアプリコース


こういうものではアプリ作れないと言う意見もありますが、それは結局本人のやる気があるかないかです。やる気があっても独学では突破しにくいところは教えてもらうのが一番早い。



CodeCamp
現役エンジニアによるオンラインプログラミングスクール【CodeCamp】


直接(ネットで)誰か分かる人に聞いた方が早く解決して、上達も早いと思います。



侍エンジニア塾
侍エンジニア塾 無料体験レッスン


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする